KUE Cloud

プライベートクラウドストレージサービス「KUE Cloud」は本学のプライベートクラウドシステムを用いたクラウドストレージです。Dropbox、Google Drive、OneDrive、Box等と同じように学内外とのファイル共有としても利用できる他、連絡帳、カレンダー、チャット、メール等を含めた総合的なクラウドサービスを提供します。本学のメールアドレスを持つユーザーは誰でも利用可能です。利用する場合は、下記URLからアクセスし、メールアカウントでログインしてください。

https://cloud.kyokyo-u.ac.jp/

利用マニュアル

KUE Cloud 利用者マニュアル

注意事項

利用前に一読をお願いします。

  • 本サービスはオープンソースソフトウェア NextCloud を使用しています。未翻訳部分や不具合等についてすぐには対応できない場合があります。
  • アップロードできるファイル容量は一人10GBまでです。教職員の方については、必要があれば増量します。情報処理センターまでご連絡ください。
  • 不具合等に関しては情報処理センターまでご連絡ください。
  • データはすべて本学所有のプライベートクラウド上に保存されます。しかし、サーバーは学外に公開されています。共有設定を間違えるとファイルがそのまま学外に公開される場合があります。機密情報を扱う場合はご注意ください。
  • 他の人のアカウントを共有する方法がWeb情報共有とは異なります。
  • デスクトップ等と同期する場合はNextCloudクライアントを使用してください。
  • メール機能は使用できません。(2020年5月14日停止)

学外からのアクセス時の制限事項

学外からのアクセスも可能ですが、不審な通信を遮断する仕組みを導入しており、学内よりもセキュリティを強化しています。セキュリティ上の理由で下記制限があります。それ以外に使用できない機能(特定のファイルがアップロードできない、画面が表示されない、エラーが表示される等)がありましたら、情報処理センターまでご連絡ください。

  • メール機能でメールを送信することはできません。(閲覧は可能です)
  • アップロード可能なファイルサイズは1GiBまでです。(NextCloudアプリよる同期時も同様)

不具合等

現在判明している不具合の一覧です。

  • 「このサイトへの接続は完全には保護されていません」の警告が表示される場合があります。
  • 一部のメッセージが英語のままになっています。