学内無線LANサービス KyoKyo-Net Wireless の廃止(2017年12月末)について

学内無線LANサービス KyoKyo-Net Wireless (SSID: kyokyo) は2017年12月末をもって廃止しました。

2018年1月以降はkyokyoで無線LANに接続することはできません。学内での無線LANサービスについては、安全性と利便性が向上した下記の新無線LANサービスのいずれかに移行してください。

インターネットに接続したい場合(個人端末やスマートフォン、タブレット等)
     → 無線インターネット接続 KUE WiFi
     ※ 学内専用の事務システムや研究室内のプリンタ等にはアクセスできません。

学内ネットワークに接続したい場合(教職員が管理している端末)
     → 認証ネットワーク KUENET (有線・無線)
     ※ 教職員以外は設定できません。

新無線LANサービスで接続後、旧無線LANサービスの設定は削除してください。

Windows 10の場合

  1. 「Widows」キーと「I」キーを同時に押して、Windowsの設定を開きます。
  2. 「ネットワークとインターネット」を開きます。
  3. 左の「Wi-Fi」の項目を選びます。
  4. 「既知のネットワークの管理」を開きます。
  5. 「kyokyo」を選択し、「削除」から削除してください。

※ 機器の故障等により廃止時期が早まる場合があります。

※ 各機器の設定変更実施タイミングの都合上、2018年1月以降も旧無線LANに接続できるように見える場合がありますが、学内・学外ネットワークへの接続はできません。

FAQ

Q: なぜ、サービスを廃止するのですか?
A: 無線LANサービス(kyokyo)については、認証装置の老朽化、最新OSやブラウザに未対応、セキュリティの問題等があり、継続して運用していくには困難な状況になっていました。構成自体に根本的な問題を抱えていることから、機器更新等による延命はせずに、新しい無線LANサービスを提供するが計画されました。その後、代替となる新無線LANサービス KUE WiFi の運用が開始しましたので、旧無線LANサービスを廃止することになりました。

Q: なぜ、新無線LANサービスはKUE WiFiとKUENETの2つに別れているのですか?
A: 利用者への無線LANサービスの提供は大きく二つの目的があります。一つは、主に教職員を対象とした学内専用ページ等へのアクセスです。もう一つは、主に学生を対象としたインターネットへのアクセスです。旧無線LANサービスではこれらを同じサービスで提供しており、学生と教職員の違いでコントロールを行うなど複雑な構造となっていました。新無線LANサービスでは構造自体を単純化し、インターネット接続用としてKUE WiFi、学内ネットワーク接続用としてKUENETと2つの異なる仕組みで提供するようにしました。(KUE WiFiでも一部の学内専用ページは閲覧可能です。また、KUENETでもインターネットに接続は可能です。)

Q: eduroamはどうなりますか?
A: eduroamは継続して利用可能です。ただし、将来は学内ネットワークへの接続について制限を行う予定です。学内ネットワークへの接続が目的の場合はKUENETへの早めの移行をお願いします。