セキュリティの偽警告に関する注意喚起

特定サイトアクセス時に、

  •   Windowsセキュリティの重要な警告
  •   Security Erro Code 0x...
  •   PCがウィルスに感染しました

等のタイトルで警告メッセージが表示されるという現象が報告されています。同時に「障害を検知した」「セキュリティが低下している」「ウィルスに感染した疑いがある」等の不安を煽るようなメッセージが表示されます。最後に解決策として、次の内容が書いてあります。

  •   電話番号が記載されており、電話をかけることを促す。
  •   メールアドレスが記載されており、メールを送ることを促す。
  •   解決用のソフトウェアをダウンロードし、実行を促す。

これらはすべて

                               『』警告

です。

パソコンには何も問題は発生していません。電話等を行うと、様々な手段でパソコンの乗っ取りや情報を抜き出し等を行い、何も解決されない(そもそも問題がないため解決も何も無い)のに、高額な利用料金を請求される場合があります。絶対に電話をしたり、メールを送ったり、ソフトウェアをダウンロードしたり、等の書いてある指示に従わないでください。

特に「電話番号」のみが記載されている事例が急増しています。電話だけならウィルスに感染しないと思う事自体が間違いです。詐欺師達は言葉巧みに遠隔サポート用のソフトウェア(それ自体はウィルスでも何でもない)を入れさせ、あなたのパソコンを遠隔操作しようとします。その時点で、パソコンは完全に乗っ取られ、悪意あるソフトが密かに仕込まれ、パソコン内の情報はすべて抜き取られています。

これらの偽警告と本物警告は簡単に見分けられます。次の特徴がある場合は、偽警告です。メールの指示には従わず、無視してください。

偽警告の特徴

解決策がおかしい。

これらの偽警告では

  •   知らない電話番号
  •   知らないメールアドレス
  •   知らない解決用のソフトウェアをダウンロードするURL

が書いてあります。気をつけてほしいのは詐称している場合があるということです。有名な企業名や組織名が書いてあっても、その電話番号やメールがその企業とは限りません。URLについても、表示と実際のサイトが同じとは限りません。

動作がおかしくなり、不安を煽る。

これらの偽警告では、音声や警告音がなる、閉じるを押しても再度出てくる、ブラウザが操作できなくなる、などの特徴があります。まるでパソコンが壊れたかのように装う場合がありますが、それらはわざとそうさせています。

同時に、放置すると危ないような不安を煽る文章が記載されます。いつもと違うような動作との相乗効果で、本当にウィルスに感染しているのでは?と思わせるのが目的です。

急がず焦らず、冷静にブラウザを終了してください。終了方法は次の項目に書いてあります。終了すればおかしな動作も全てなくなります。

ブラウザを終了すると警告も閉じられる。

これらの偽警告は単なるWebページです。そのため、ブラウザを終了することで、一緒に落とすことができます。ブラウザと一緒に落ちてしまう警告はすべて偽物です。閉じるを押しても閉じない場合は、下記方法でブラウザを終了してください。

Windowsでブラウザを終了する方法

  1. Ctrl + Alt + Delete を同時押しで押す。
  2. タスクマネージャー を選択する。
  3. ブラウザ(Microsoft Edge、Internet Explorer等)を選択し、タスクの終了を押す。

公式を装う。

Windowsのロゴマークは誰でも簡単に入手できます。いつも見ている画像と同じだからといって信頼してはいけません。公開されている内容を使って詐称することはとても簡単に誰でもできることです。偽警告はWindows等のOSが表示しているように見せるパターンのみでなく、有名なセキュリティベンダーや国の機関等を名乗る場合もあります。知っている名前があるからと言って本物だとは判断しないください。


表示されるメッセージや動作は一例に過ぎません。詐欺師達はあの手この手でなんとか電話やメール、ソフトウェアの実行をさせようとします。少しでもおかしいと思ったら、偽物だと持ってください。判断がつかない場合は、情報処理センターにご相談ください。

また、パソコン以外、スマートフォンやタブレットでも同様の現象が確認されています。自宅のパソコンや個人のスマートフォンであっても、不審な警告のメッセージには絶対に従わないようにしてください。判断に迷う場合は購入元の正式なサポートや独立行政法人情報処理推進機構の相談窓口へお問い合わせください。

情報処理推進機構 相談窓口
http://www.ipa.go.jp/security/contact/