ネットワーク構成

ネットワーク構成図

KUENET

京都教育大学学内ネットワーク( K U E N E T )は平成6 年2月に、Kyokyo-netとして学内5つのノード間を100Mbpsの光ケーブルで、各建物内を10Mbpsのイーサネットで結んでスタートしました。平成11年3月には基幹部に156MbpsのATMネットワークが導入され、大学キャンパスのみならず附属5校園(高校、桃中、桃小、幼稚園、養護学校)、環境教育実践センター、国際交流会館までが100Mbps以上のネットワークで結ばれました。また京都地区(京中、京小)とは1.5Mbpsの専用回線で結ばれました。さらに平成14年3月には大学キャンパス内の全ての部屋に100Mbpsのイーサネットが敷設されました。平成17年4月には京都地区との回線を100Mbpsに増強し、すべてが100Mbps以上のネットワークで結ばれました。さらに平成26年2月には、全面的なシステム更新に伴いKUENETと改称され、次世代ネットワークプロトコルIPv6とIEEE802.1X認証システムの導入により拡張性とセキュリティが向上しました。KUENETはSINET(学術情報ネットワーク)と1Gbpsの専用回線で結ばれています。またKUENETはファイアウォールシステムで外部からの不正な侵入から守られ、メールやダウンロードしたデータに含まれるウィルスを専用サーバでチェックしています。
またKYOKYO-NETはファイヤウォールシステムで外部からの不正な侵入から守られ、メールやダウンロードしたデータに含まれるウィルスを専用サーバでチェックしています。

The Kyoto University of Education computer network system (KUENET) began as kyokyo-net in February 1994 with a five node campus 100Mbps fiber optic connection, with and all campus buildings internally connected by 10Mbps Ethernet. In March 1999, a 156Mbps ATM network was introduced to the backbone of kyokyo-net. In April 2005, the entire kyokyo-net increased to more than 100Mbps. In February 2014, the system is upgraded entirely and renamed as KUENET. KUENET introduced IPv6 and IEEE802.1X authentication to improve scalability and security. KUENET is connected to SINET with 1Gbps exclusive line and protected with Firewall system from external malicious attacks. All E-mails and downloaded contents are checked for computer viruses using dedicated servers.

ネットワークサーバ Network Servers

電子メール、WWW、ファイルサーバなどの主要なサーバは情報処理センターとKyo2 Cloud Centerにそれぞれ設置されており、障害発生時には互いにバックアップの機能を果たします。また、大半のサーバは仮想化されており、設置スペースの削減と計算資源の効率的な利用が可能となっています。

Primary network servers such as E-Mail, WWW, file servers are placed redundantly in IPC and Kyo2 cloud center and can serve as the backup when a failure occurs. Most servers are implemented as virtual servers for space utility and efficient use of computing resources.

データセンター Kyo² Clound Center

平成23年に、Kyo² Cloud Centerがオープンしました。学外のデータセンターにサーバを設置することで、大学キャンパスが停電しても、WWWや電子メールといった情報サービスは継続して提供できます。データセンターは最新の免震設備と自家発電装置を備えており、災害発生時にも情報サービスを提供できるようになっています。また、静脈認証や監視カメラ等の強固なセキュリティが確保されています。Kyo² Cloud Center内のサーバは情報処理センターとL2VPNで結ばれており、学内ネットワークの一部として運用されています。

Kyo² Cloud Center was established in 2011. Servers are placed in the external data center in order to provide information services such as WWW and E-mail continuously when there is a power cut in the campus. The data center has the quake absorbing structure and the private power generation system that enable to provide information services even in disasters. Moreover, it is equipped with security systems such as vein authentication and surveillance cameras. Servers in Kyo² Cloud Center are connected with IPC via L2VPN and operated as a part of the campus network.