Web情報共有サービス(2019年度廃止予定)

重要

Web情報共有サービスを提供するサーバーの老朽化により、2019年度以降安定してはサービスを提供することができなくなりました。そのため、Web情報共有サービスは2019年度から段階的に廃止します。2019年3月末まではそのまま利用可能ですが、2019年4月1日以降は利用が制限されます。

Web情報共有サービスの代替としてプライベートクラウドストレージサービスKUE Cloudを用意しています。KUE Cloudをご利用ください。

今後のスケジュール予定

  • 2019年1月末 KUE Cloud 仮運用開始
  • 2019年3月または4月 KUE Cloud 本運用開始
  • 2019年4月1日 Web情報共有サービス 学外公開停止(学内のみアクセス可能) ファイル共有作成の受付停止
  • 2019年7月2日 Web情報共有サービス アップロード制限(ダウンロードは可能)
  • 2019年8月10日 Web情報共有サービス 証明書の有効期限切れ
  • 2019年10月1日 Web情報共有サービス 完全停止
  • 2020年4月1日 Web情報共有サービス 全データ削除

Web情報共有サービスからKUE Cloudへのデータ移行はありません。サービス停止前の2019年9月末までに各自必要なデータをダウンロードしておいてください。

サービス停止後も半年間(2020年3月31日まで)はデータを保管しますが、保管期間終了後は全ダータ削除を行います。

機器の故障等によりWeb情報共有サービスの停止が早まる場合があります。その場合、データについては別手段でダウンロードのみできるように提供する予定です。

4月1日より学外からはアクセスできません。

7月2日よりアップロードには制限があります。

8月10日よりアクセス時に証明書エラーが表示されるようになります。証明書の有効期限切れによるものです。証明書更新の予定はありません。

新規の共有フォルダの申請は受け付けを終了しました。既に作成されたフォルダはサービス終了まで利用できます。管理者の変更等を希望する場合は、個別に情報処理センターまでご連絡ください。

Web情報共有サービスの外部公開は終了しました。「Web公開」を実施した場合でもインターネット上に公開されず、学外者との情報のやり取りはできません。情報処理センターでは、Webで学内のどこからでもアクセスできるWeb情報共有サービスの提供を開始しました。「https://webshare.kyokyo-u.ac.jp/」にアクセスし、ログインしてください。

使い方の手引き・利用案内のマニュアルを確認して下さい。

学生は各教員から提供された共有フォルダのみ利用できます。個人用のフォルダはありません。