「学内ファイル共有サービス」開始のお知らせ

学内でのファイル共有をより安全かつ便利にするために「学内ファイル共有サービス」を開始しました。

KUE Cloudとは違いは下記になります。

  • 学内ネットワークでのみ使用できます。(KUE WiFi、Eduroam、附属学校教室用無線LAN、学外から使用することはできません)
  • 通常のWindowsファイル共有の仕組みを使用しているため、WindowsやMacからマウントでき、エクスプローラーやFinderから直接操作できます。
  • 共有フォルダの管理は個人単位ではなく授業や組織など共有の目的単位になります。
  • ファイル共有の作成には教職員の申請が必要になります。

Web情報共有で組織内で使用することが目的であった共有フォルダや各部署で設置しているNASの代替として用意しています。ただし、全体の容量には限りがありますので、バックアップや大量の動画保管など大容量が必要になる利用目的での申請はお断りする場合があります。

Microsoft製品の配布も学内ファイル共有サービスに切り替えています。Web情報共有廃止まではWeb情報共有からもダウンロードできますが、新しいバージョンは学内ファイル共有サービスでのみ提供することになります。