Windows Vistaのサポートは終了しました。

Windows Vistaのサポートは終了しました。2017年4月11日の最後のアップデートをもって、今後Windows Vistaのアップデートパッチは提供されません。

Windows Vistaをご使用中の場合は、早急に、Windows 7以降へのアップグレードまたは買い替えを実施してください。

よくある質問

  • Q: どうして、Windows Vistaを使い続けてはいけないのですか?
    A: 開発元であるMicrosoft社がサポートを終了したからです。
     
  • Q: サポートが終了するとどうして使い続けてはいけないのですか?
    A: 脆弱性の修正が行われないからです。どんなソフトウェアにもバグといわれる不具合があります。その中の一つで深刻なのがセキュリティの脆弱性です。セキュリティの脆弱性は多岐にわたりますが、重大なものでは、何もしなくてもパソコンのデータが読み取られたり、リモートから乗っ取られたり、ウェブサイトを見ただけでウィルスに感染したりと多大な影響を及ぼす場合があります。各ソフトウェアはそのような脆弱性が発見され次第修正を行うパッチを提供しますが、Windows Vistaでは今後提供されることはありません。そのため、今後、Windows Vistaの脆弱性が発見された場合、脆弱な状態を回避する方法がなくなります。
     
  • Q: すぐに使用を中止しなければならないのですか?
    A: 今すぐ危険というわけではありません。修正されることがない脆弱性が発見されるまでは危険性は少ないです。しかし、将来はそのような脆弱性が発見される可能性が高いため、使用し続けることはできません。
     
  • Q: どうしても、Windows Vistaを使用し続けたいのですか?
    A: ネットワークに繋がない場合は自己責任で使用し続けることができます。USBメモリ等の外部記録装置を接続するときは、ウィルス等の感染源になる可能性があるため、使用の度にウィルススキャンを実施してください。
    原則、Windows Vista搭載のパソコンを本学のネットワークへ接続することは禁止しますが、アップグレードまたは買い替えを予定しており、納期等の関係でしばらくかかるという場合のみ、それまでの期間のみネットワーク接続して使用しても良いものとします。ただし、深刻な脆弱性が発見された時は、例外なく接続を禁止する場合がります。
タグ: 
セキュリティ