【実施済み】GoogleアカウントおよびMicrosoftアカウントの二要素認証有効化について

大学メールアカウントを用いたGoogleアカウント(Google Workspace for Education)とMicrosoftアカウント(Microsoft 365 Education)について、二要素認証を有効にしています。それぞれについて、下記注意点をご確認ください。

Googleアカウント

ログイン時に二要素認証(2段階認証プロセス)が必須です。これまで二要素認証を設定していなかった場合、ログインできません。[令和2年10月1日に実施]

※ 二要素認証を設定していなかった場合、KUE Accountでバックアップコードを取得してください。バックアップコードでログイン後に二要素目を設定してください。
※ アカウント作成直後は一週間の猶予期間が設定されます。猶予期間中に二要素目の設定をしない場合、ログインできなくなります。

詳しくは Google アカウントの2段階認証 を参照してください。

Microsoftアカウント

ログイン時に二要素認証(追加のセキュリティ)が必須です。設定していない場合は、設定するように求められるようになります。設定が完了するまではブラウザでのログインはできません。[令和3年4月1日に実施]

※ 二要素認証設定後は、連携しているアプリ(オフライン版Office等)について再ログインが必要になる場合があります。
※ アカウント作成直後から二要素認証設定が求められるようになります。設定が完了するまではログインできません。

詳しくは Microsoft 365 Education を参照してください。


二要素認証には二要素目となるデバイスが必要です。下記のいずれかを用意してください。

  • iPhoneまたはAndroidのスマートフォン【推奨】(認証用アプリ) ※ 古い機種はアプリが対応していない場合があります
  • 携帯電話 (SMSまたは音声による通知)
  • その他の電話 (電話の音声による通知)
  • [Googleアカウントのみ] U2F セキュリティキー

デバイスの故障等で二要素目ログインができなくなった場合は、下記の対応を行ってください。

  • GoogleアカウントはKUE Accountでバックアップコードを取得できます。そちらをご利用ください。
  • Microsoftアカウントは管理者で解除しますので、情報処理センターにご連絡ください。

これはセキュリティ向上のため必要な設定になります。ご理解の程よろしくお願いします。

タグ: 
セキュリティ