よくある質問 - メール

メール全般のFAQです。

Excelファイルを添付すると、メールがエラーで返ってきます。ファイルを添付しなければ正常に送れます。

または、Excelファイルを添付したメールを送ってもらいましたが、届きません。

添付ファイルが下記に該当するMS Officeファイルの場合、システム側のチェックで受け取りを拒否する事があります。

  • Office2003までの旧形式のファイルフォーマット(xls、doc、pptなど)
  • マクロを使用している。

多くのマルウェアによって、旧形式のMS Officeファイルのマクロが悪用されてきました。そのため、本学で導入しているシステムでは、悪用のおそれがあるマクロのコードを含む場合、メールの受け取りを拒否することがあります。

現象が発生した場合は、より安全な新形式のファイルフォーマット(xlsx、docx、pptxなど)に変更してください。

学校のアドレス宛にメールが届かない

本学ではSPAM対策専用装置によるいくつかののSPAM対策を行っています。SPAM対策の機能によりメールが届かない場合があります。

  1. 外部から送られたメールに対して、送信者・宛先やCC・件名・本文の内容・添付ファイル等の情報を総合的に判断し、SPAMと判断したものはSPAM対策専用装置内に隔離します。メールがSPAMとして隔離された場合、利用者に直接届かず、1日1回通知が送られます。SPAMではないメールが隔離されている場合は隔離解除を行って、再配信してください。隔離メールの確認と隔離解除はSPAMメール隔離システム(学内専用)から行えます。Webメールにもマニュアルがありますので、ご参照ください。
  2. 本学のメールサーバがメールを受信したときに、メールのヘッダにのっている送信元情報をDNSの仕組みを使用して確認します。このときにメールを送信してきたメールサーバが、メールアドレスのドメインについて正式なメールサーバであることが確認できれば、受信を許可するというものです。 情報が一致しない場合はメールアドレスを詐称しているとしてサーバでの受け取りを拒否する場合があります。ほとんどのメールサーバは正式なメールサーバであることがDNSに情報として記載されていますが、一部のサーバでは情報が正しくない場合があります。この場合はIPCまでご連絡ください。ホワイトリストへ追加を行います。
  3. 本学のメールサーバがメールを受信するときに、送信元のメールサーバがRBLという外部のブラックリストに記載されていないかを確認します。ブラックリストに記載されている場合は、受信を拒否します。この場合はIPCまでご連絡ください。ホワイトリストへ追加を行います。